話せるようになるとたくさん仲間ができたよ

>>> 「05,最短で外国語を習得する方法〜(後編)」はコチラ

ブラジルで過ごしていくと、
相手の話している会話が理解できるようになりました。

そうすると、
悪口を言われている場合は、すぐにわかるようになりました。

言い返せるようになりました。

基本、ブラジル人は、
裕福な日本人がサッカーをやっている!?

「はぁっっ!!!?なめてんのか!」

って、感じで思っています。

なぜかというと、

サッカーで、プロになるとお金がもらえる、
有名になれると数億円のお金が入ってくる!

ブラジルは貧富の差が激しく
明日食べるものがないということは珍しいことではありません。

みんな裕福ではない家庭で育っています。

こんなことが多々ありました。

車を乗っていました。
(運転は友達です)
赤信号のため車を停止。
そしたら、数人の子ども(5〜6歳)が走って来て、
いきなり窓を拭き始める。

信号が青になる直前に、窓拭きを止め、
「お金ちょうだい」
とねだってきます。

もうひとつ、寮にいた時に
「ピンポーン」と家の呼び鈴がなります。

外に出て行くと、
子ども(これも5〜6歳)が
「お金をちょうだい。」とねだりに来ます。

多分、親に行ってこいと言われているんでしょうか。

こんな光景は珍しくありませんでした。

そんな子どもたちが、
サッカーで一攫千金の夢があります。

必死で練習して、
必死で家族を、親を養おうとします。

ブラジルでは、
そのような夢がサッカーにはあります。
サッカー選手は政治家にだってなれます。
(ジーコは政治家になっていました)

なのに、
明日暮らす家がある。
テレビも家にある。
食べるものに困らない。
車もトヨタ、ホンダ、スズキとたくさんある。

そんな日本人が、サッカーやろうなんて
なめてんのか!?

そう思われていました。

なので、
私が言葉がわからないことをいいことに悪口の嵐です。

(いまは、日本人選手が海外で多数活躍しているのでどうかはわかりません。)

パスは、まず回してはくれません。

(私が下手だというのもある、笑)

「何言ってもわからねーぞ!このジャポネーズは!」

そう言われていたと思います。

しかし、言葉を理解し、話せるようになったことで
自分の意思を伝えること、
コミニケーションを取ることができるようになってきました。

そうすると、
チームメイトの反応も変わってきます。

チームメイトのプライベートに呼ばれるようになりました

チームメイトに中流階級家庭の選手がいて、
その家にはプールがあります。

よく、練習後にみんなで遊びにいってたようですが、
もちろん私は呼ばれたことがありませんでした。

しかし、

ついに呼ばれちゃいました、笑。

監督の言っていることがわからなかった

一番苦しかったのが、
監督の言っていることが理解できない(言葉がわからないから)。

よって、何を指示されているのかがわからない。
監督の意向通りにプレーできない。

「アイツはおれの言ったことをやっていない!」

ということで試合に出れませんでした。
(実力がないからというのもありますが・・・笑)

しかし、

言葉が理解できるようになり、
監督のホームパーティーに呼ばれることに。

右から、
キャプテン・わたし・監督・ホペイロ

手前が、
オーナーでしたっけ?笑

チームメイトの息子の誕生日にも

私を一番イジめていた”ギーナ”という
チビっこいFW(フォワード)がいましたが、
(写真一番左)

同じポジションということもありまして
まぁ〜、ケンカばかりで仲が悪かったですね。

そいつの友人の息子の誕生日、
(関係遠っ!!!)
にもなぜか招かれることに・・・。

後に、”ギーナ”はめっちゃ良いヤツというのが
わかりました!

毎週土曜日は、シュラスコの日

ブラジルでは、
普段、フェジョンという豆料理をご飯にかけて食べます。

しかし、
毎週土曜日は、シュラスコという肉料理をみんなで集まって
サッカーを観ながら、サンバを踊りながら、楽しく食べます。

(日本でいうBBQ的な感じ)

もちろん、そんな会合があることすら知りませんでした。笑

当然、仲間外れにされていましたが、
チームの連中が
「タケもこいよ!」と誘ってくれていくようになりました。

巨大な肉を炭火で焼き、
みんなでワイワイ食べる。
サンバも踊る。
サッカー談話で盛り上がる。

最高に楽しかったですね。

近所でラジオ体操?

言葉がわかるようになり、
近所で定期的にみんなが踊っている!?
という情報を得て、

「楽しい匂いがしたら、そりゃ〜いくでしょ!?」

ということで、
行ってみました。

「まぁ〜、日本でいうとラジオ体操的な感じでしょ!?」

と舐めきっていましたが、、、

ラジオ体操!?
そんなレベルではありませんでした。。。

かなり激しい曲で、数時間踊らされました、、、。

これは、ご年配の方はムリだ。
私はヘトヘト・・・。

なのに、周りの方々は、
常に元気いっぱい!!!

これが、南米のエネルギーかっ!!!!

と驚かされました。

・・・そんなこんなで、
やっと、楽しいことが増えてきて、

そうするとサッカーの方も
相乗効果というか、良い影響が出てきます。

練習中はパスももらえるし、
練習試合でも活躍できるように、

そろそろ、デビューも近いかな!?

という矢先に、

最悪の自体が起こります・・・。

>>> 「07,」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ワクワクしながら試合に向かっていくドリブラーが増えてほしい

抜くチカラ