教えてライオン 〜ペナルティエリア内で緊張します〜

こんにちわ。

ライオンです。

 

いやー、多いんだよね。

こういう選手。

でも、しょうがないよね〜。

だって、一番、プレッシャーが激しい場所なんだからね。

 

おっと、

まだ質問内容を言っていなかったね。。。

「僕は、ペナルティエリアの中で緊張してしまいます。

確実な場面も、外してしまったり・・・どうすればいいのでしょう。」

 

ゴールを決めるために、技術・戦術を学んだけれども

せっかくのテクニックも試合で発揮できなければ意味がない。

試合で実力を100%発揮させるにはなにが大事でしょうか?

 

練習ではできて、試合ではできない。

原因はなんでしょう〜。

 

そうです。

「○○○○です!」

 

ゴール前でパスを受け、

さあ!シュート!!!

絶好のチャンスです。

それなのに、あせってコントロールミス・・・。

練習ではできているのに、なぜ、試合でできないんだろう・・・。

 

よくあるね。そ〜いうこと。

誰にでもあるような経験です。

そんな、ライオンも・・・。おいおい、おれはどんな時も冷静さ。

動物界のキングだからな、、、(自称)。

 

では、どうすれば、あわてずに落ち着いてシュートを打てるようになるのでしょうか?

その方法のひとつは、

「イメージトレーニング!」

 

なぁ〜んだ、イメージかぁ。

いやいや、イメトレをバカにするでない。

 

これを必死に練習したり、やったことがないから、ピンとこないかもしれないけれども

プロ選手は、専属のメンタルトレーナーがいたりするんだよ。

 

ぼくも、当時はプロのメンタルトレーナーに学んでいたことがあるんだよ。

今、厳しいサバンナ社会でもそれが生かされているけどね!

 

イメージトレーニング(以下、イメトレ)には、2つの効果があります。

1 新しいテクニックの習得

2 試合での実力の発揮

イメージがないと人間の身体は動かない、といっても過言ではないよ。

 

例えば、

バリ島の民族舞踊(ダンス)を踊ってくださいって言われてもキミはできるかい?

でも、

ロナウジーニョのエラシコやってください、って言ったらなんとか出来るよね。

 

それは、なぜか?

イメージできているか、できていないかの違いです。

 

散歩しているおじいちゃんに、

「エラシコやってください。」っていっても、さっぱりだろうけど、

「ソーラン節踊ってください。」って言ったら、なんとか「おいしょ〜」ってやってくれるはずさ。

 

なので、

本番と同じ状況をイメージして何度も繰り返すことでスムーズに体が動くようになる!

 

ちなみにライオンは、

仮面ライダーじゃないのに「変身ポーズ」うまいし笑、

戦隊モノの決めポーズは、小さい頃に何回も繰り返し5レンジャーになったつもりでイメージしていたから極めてるね!笑

イメトレで、予行練習ができるんだよ。

 

・・・と、あまり詰め込んでも・・・なので

イメトレについては、この後も話をしていきますー。

では、また〜。

 

ライオン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ワクワクしながら試合に向かっていくドリブラーが増えてほしい

抜くチカラ