教えて”オオカミ” 〜1対1で抜くには ④ 1対2の場合 〜

ワシは、”オオカミ”じゃ。

前回の続きじゃな。

>>>(前々回:1対1で抜くには ① こころがまえ)

>>>(前回:1対1で抜くには ② テクニック)

>>>(前回:1対1で抜くには ③ フェイント)

 

「1対1で抜くには〜」編で、

 

今日は、

「こちらが1人で相手が2人の場合の抜き方」

を話していこうと思う。

 

まぁ〜、ぶっちゃけて言うとな、、、

こっちがフリ(不利)だわな。

 

だって、こっちは一人なのに、

相手は二人だもんよ。

 

んでな、

1対2のときにどうすればいいか?

 

よく聞くのが、

「2人の間を全力で通ちゃえ!」

ということなんだわな。

 

これ、オレにしたら

無謀(むぼう)

って一言だわ。

 

無謀(むぼう)って何かっていうと、

いちかばちか!

ってことだわ。

 

まぁ、たまには試合中に”いちかばちか”も必要だろう。

 

でも、それじゃ〜、サッカー選手とは言わないんだ。

 

サッカー選手は、

状況に応じで、考えなくてはいけない!

 

オオカミならな、こうする。

 

相手2人を前に
まずは、ドリブルか!?
はたまた、パスか!?
どちらかで問題が解決できないかを考えてみる。

 

なぜパスの選択肢も持つか!?

「絶対100%抜ける達人はいない!」

もちろん、人間失敗するときもある。

 

リスクを冒していい場所なのか?(もしとられたとしても安全)
ダメな場所なのか?(自陣のゴール前など危険な場所)

 

失敗=トライしていい場所なら、オオカミは勝負にいくぞ!

 

でも、
失点してしまうかもしれない場所では、安全にいかなければいけない。

 

そういうときには、
このドリブル好きのオオカミさまでも
パスの方がよければパスを出すぞ。

 

でも、オレは
なにも考えず2人相手に突っ込んでいくわけではない。

 

ドリブルに入るときは、
その後にどんなプレーをするのか?

・パスをするのか

・センターリングをするのか

・シュートをするのか

を考えている。

 

たま〜に、ただつっこめばいい!と思っている選手がいるけど
まったくをもって、ナンセンス(よくないということ)だ!

 

相手が2人の場合は
挟まれてとられる可能性が高い。

 

取られてしまっては、モトのコもないんだ。

しかし、

挟んできた瞬間に一瞬のスキが生まれる。

そのスキマをうまく抜ければ一番近道だな。

 

でも、

アタック(ファースト DF)と
カバー(セカンドDF)という布陣で守ってくる可能性が高い。

その場合は、
カバーの選手の動きを予測してドリブルすることが大切だ。

*味方のカバーの動きも必要になってくる。
(味方が縦に流れて、中のスペースを作ってくれたときは中に切れ込む)
(味方が中に流れて、縦のスペースを空けてくれたときは縦に勝負する)
(など・・・。これを言い出したらきりがないから今回はやめとく)

 

ドリブルで仕掛けるんだけども、

パスの選択肢もチラつかせておく。

そうすれば、相手に迷いが生じる。

 

そういったスキにスピードを持ってしかけるんだ!

 

だって、

ドリブルドリブルドリブルでいくぞーーー!!!

って、感じだったら相手だって守りやすい。

ドリブルに備えておけばいいんだから。

しかも、DF側は2人いるから、なおさら止めやすい。

 

ドリブルもいくぞ、でも、パスもするかもよ!

って、感じを出しておけば相手も迷う。

「剣」1本よりも、

「剣」も「盾」も持っておいた方が戦うときは有利でしょ!

 

この、

「かけひき」がオオカミは大好きだ!

 

オレは、相手が1人よりも2人の方が燃える。

だって、抜いた後、あの痛快さが気持ちいい!

 

みんな、ムリだよ〜〜〜!

って、思っている場面を突破するんだからさ。

しかも、大チャンスになる!

 

でも、
たまたま抜けたんじゃ〜意味がない。

抜くには!?

っていうことをよくわかっていてほしい。

 

そのためにも、

いつも1対1の練習ばかりではなくて

相手人数が多い対決にも挑んでほしい。

 

練習のときのゲームとか、練習試合とかでももちろん挑戦してほしい。

でも、何も練習せず、考えずに突っ込んでいったら

周りからブーイングだぞ。

 

そうならないためにも、

練習に練習を積んで、2人相手でも臆(おく)せずに挑めるように

日々の練習に励んでほしい。

 

ドリブルは楽しいぞ。

 

「1対1で抜くには」編、今回は一旦終わりだが

これから伝授したいことはまだまだたくさんある。

 

そのとき、またな。

 

オオカミ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ワクワクしながら試合に向かっていくドリブラーが増えてほしい

抜くチカラ