2016年 「5年生・6年生」蹴り納め

2016.12.27(火)

ブラット5年、6年生の蹴り納め、
エスタジオ横浜さんとの交流試合をさせていただきました。

練習では、なかなかこれだけみっちりと試合ができないので
何よりも終始楽しんでいたのが良かったです。

サッカーでは、慣れているとは思いますが、
フットサルの試合は不慣れなので、
よくピッピ、ピッピと笛を吹かれていましたね。

そういったルールを覚えるのも
試合で失敗してみることで学べたと思います。

サッカーの試合では、
個人で突破しようと試みる6年生は、
フットサルでもプレースタイルは変わらず、
とにかく前へ前へ。
自分が!自分が!で押し通すスタイルが多い。
それが一番楽しいですからね。

あまり、パスの選択はなく
「イケる!」と思ったら、とにかく突破するという
気持ちの選手が多いです。
いいと思います。

そこに判断が出てくるともっと、面白いですが。
これからでしょうね、それは。
私はあえて、あーしろ、こーしろは言いません。

自分たちで、考えて自分たちで行動し、
それで、失敗したり、負けたりしたら、学びますので。

人から言われることは、実感しないので
右から左に流れますが(特に男の子はそう、聞いてない、笑)

経験したり、痛い目に合うと、
実感しますので、やり方を変えたりします。

それでいいと思います。
私も、実感しないと自分で動かないタイプなので。
なんでもやってみて、「あ〜!!!」ってわかる!

5年生は、
サッカーでは、連携をうまく活かしてという闘い方に
感じましたが、今日はゴリゴリ、自分で突破を試みていましたね。

楽しいので、ボール離したくないんでしょう。
いいじゃないですか。

そういう気持ち、大事だと思います。
それで、抜いたり、ゴールに結びつけるには
やはり個人の技術、能力が必要ですよね。

もっと、これから磨いていけばいいと思います。

静かなイメージがありますが、
今日は試合中も大声で楽そうな声が響いていました!
本当に楽そうだったので、私もボール蹴りたくなりました。

(捻挫してますが・・・なので、蹴りたい気持ちをぐっと堪えました)

そして、
本日にて2016年のブラット・アルチレイロの活動が終了しました。

今年一年ありがとうございました。

来年もわくわくしながら、ボールを蹴って
上手くなっていきましょう!

良いお年をお迎えください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ワクワクしながら試合に向かっていくドリブラーが増えてほしい

抜くチカラ