2020年度”アルチレイロU-15”として公式リーグに参戦します

特定非営利活動法人 知球人(ちきゅうじん)が運営する神奈川県横浜市都筑区を活動拠点とする中学生対象のフットサルクラブ「アルチレイロ」は、
2020年4月より、U-15チームを新たに創設し、全日本や県リーグに参入します。

アルチレイロは、2005年より、フットサルを通じた心と身体の育成と、地域のサッカー・フットサル技術レベルの向上、地域のスポーツ振興に取り組み、これまで多くの卒業生が、高校や大学、または海外などで幅広く活躍しております。

また、2009年には、幼・小学生を対象としたフットサルスクール「ブラット」を展開し、延べ約2350名の子どもたちの育成に関わってきました。

今まではトレーニングをメインで、その技術を各クラブや部活動の中で、発揮していただくことが主な活動でしたが、
その中でも、本気で挑戦してみたいという声もあり、全日本U-15フットサル選手権神奈川予選などに挑んでみたことが幾度かありました。しかし、部活との試合の兼ね合いで、実際に大会に来れたのは少数、または1年生のみという状況で挑戦した過去があります。

部活動や、クラブチームの公式戦に所属しながら、フットサルの公式戦も出場できる(サッカーの選手登録とフットサルの選手登録は二重登録にならず、出場が可能)ということがメリットではありましたが、

この度、アルチレイロが理想として考えてきた「フットボールを通じて、生きていくうえで必要な”知識”と”知恵”を学び、球技なのど様々なスポーツは人間を成長させてくれ、
その中でもサッカー・フットサルなどの球技は、言葉を交わさずとも「地球」全体で世界を繋いでくれる。日本人や○○人という枠ではなく、人種的に差別されることなく世界規模、地球規模で大きく活躍・飛躍できる人になってほしい。」そういった考えの元、一貫指導体制を組み、真の育成とスポーツのさらなる可能性の拡大を目指して「アルチレイロU-15」として新設することといたしました。

地域に集団でスポーツができる環境を実現し、その方向性を見出すため、地域で交流を持てるスポーツの未来を思い描き、

スポーツ教育だけにとどまらず、育成過程の子どもたちの活動の場として、キャンプや合宿などの野外活動で自立した”生きていくチカラ”を身につけて欲しい。

そして、これからは、スポーツに興味がある青少年に対して、スポーツを通じて社会人になってからも役立つ知識や経験(心理学、経営学など)を子どものころから伝えて、本当の意味での”自立”した大人へと成長してもらえるような場にしていくことを目指します。

参戦予定公式大会及びリーグ戦
・2019年10月 全日本U-15フットサル選手権
・2020年度 神奈川県U-15フットサルリーグ、全日本U-15フットサル選手権

フットサル「アルチレイロU-15」カテゴリー新設に関する説明会の予定は、以下の通りです。

(現在小学6年生、中学1年生向け)
【説明会】
日時 2019年7月を予定(1回目)
場所 都筑地区センター会議室(都筑ふれあいの丘)

日時 2019年9月を予定(2回目)
場所 都筑地区センター会議室(都筑ふれあいの丘)

【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 知球人(竹内)
takeuchi@chikyu-jin.org

ワクワクしながら試合に向かっていくドリブラーが増えてほしい

抜くチカラ